無料ブログはココログ

2014年11月19日 (水)

ワークキャンプ 2014年

お久しぶりです!
ずっと更新していませんでした・・・ちょっと!担当者の人!!

そんなわけで、今回の復活(?)はとりあえず2014年のワークキャンプですヾ(●゚ⅴ゚)ノ


今回は20名以上集まりました。去年の倍以上です(笑)
Photo_2






例年通り薪割りをする




Photo_5



    布団干し
    上級生と1年生の共同作業







Photo_6



昼に作業を終え夕方からはみんなでまったり?笑
←みんな何を見ているのだろう?





Photo_8

Photo_10
            1階広間での様子↑


             キッチンにて撮影→
この日は夕食何だったかな・・・?







Photo_13


なんか縦長の写真に(笑)
たぶんスマホで撮影したんですかね


写真ばかりですが今年も楽しくワークキャンプを終えることができました!!

2013年9月29日 (日)

8月個山(福井・石川)~二ノ峰・白山編~

こんにちは!今回ブログの更新を担当させていただく2年の吉本です。

この度、私たちは90周年記念山行の一環として、8/7~8/9の日程で福井県(二ノ峰)、石川県(白山)の最高峰へと登ってきました。
前日の夜に新宿駅から夜行バスで福井駅行き、そこから電車、バスを乗り継いで登山口へ向かいました。
途中の電車からの風景は山ではなく・・・
Photo_5
さて、登山口に到着してから出発!
 1日目:今回福井県側から石川県側へと抜けていくコースだったので、福井県の最高峰である二ノ峰へと向かいました。ただし、時間の関係上1日目には登頂はしませんでした。
 2日目:早朝、二ノ峰に向け出発。この二ノ峰ですが、山頂?と思うところが山頂でした。
Photo_6
笹がいっぱい・・・
二ノ峰登頂後、今度は白山へと向かっていきました。その途中には高山植物を見ることができました。
Photo_8
途中ですれ違った人によると、写真の花は(コ)バイケイソウという花らしく、今年は当たり年だということでした。
 3日目:いよいよ今回登った山の中で一番高い白山(石川県の最高峰)へと登頂しました。この白山は日本三霊山の1つであり、晴れていると北アルプスや日本海が見えるということでしたが、、、天気は曇り
Photo_10
何も見えませんでした。
これまた聞いた話によると、8月上旬は高山植物が咲く時期だが山頂は曇ることが多いとか。
白山登頂後、下山し、金沢へとバスで向かい全行程を終えることができました。
以上、8月個山(白山・二ノ峰編)の報告を終わります。

青森

ようやくしのぎやすい季節となりましたが、いかがお過ごしですか。


今回は二年のSが9月に行った青森(岩木山・八甲田山)の山行についてブログを更新させていただきます。

天候は前日から台風の接近があり悪天候を懸念していたのですが当日は晴天となり
非常に心地よい山行日和となりました。

まず初日に登った岩木山についてです。
山行前に確認していた前情報では岩木山はとても楽で体力のいらない軽快な登山ができる山だと聞いていましたが・・・・

実際には雑然とした藪に包まれる登山道(恐らくは前日の台風の影響でしょうか)、高低のある段差などとても快適とは言えないものでした。

あまりに道が荒れており悪戦苦闘した結果、コースタイムを完全に超過してしまいやむおえず山行計画を初日から変更する羽目に・・・・。

計画では頂上に到着後、そのまま下山して下界のキャンプ上にて一泊する予定でしたが頂にある避難小屋にて夜を過ごすことになりました。
ここではかの有名なエベレスト最高齢記録保持者である三浦雄一郎氏の孫である雄太さんがテレビの撮影のため同じ避難小屋で一泊するという貴重な体験ができました。



そして次なる山、八甲田山に登ったのは3日目のことになります。
2日目は下山や移動等に時間をかけ登山はしませんでした。
この山を率直な感想を述べると非常に整備がされており眺望が美しく軽快なステップで登れる理想のような山でした。

下山時に燥ぎすぎて土場を走りながら渡っていると前方にいたM氏が転び、それを見て嘲笑おうとした私が釣られて転び、後ろにいたS氏も転ぶという奇怪なコントが起こり、荘厳な山の中で場違いのような大きな笑いが起こりました。
私は無傷でしたが前後の二人が腕に小さな青紫の痣ができていたのが心配です。

お し ま い

8月個山~秋田・岩手編~

気づいたらもう9月も終わりなんですね。早いもんです。

さて、このたび執筆を担当するのは、8月個山秋田・岩手パーティーの杉山です。
今年の8月個山は90周年の企画の進行のために3つのパーティーに分かれて行ってきたのですが、私たちのパーティーは秋田の秋田駒ケ岳、岩手の岩手山の2峰の登頂をめざして行ってまいりました。

秋田駒ケ岳には初日、少しだけ田沢湖を観光したのち登頂。
8合目までバスで登ることができ、帰り道以外雨に降られなかったので、大きな問題もなく楽しく登ることができました。
Dsc07356
2、3日目は長い行程でしたが、雨も降らず、景色を感じながら気持ちよく歩くことができました。
 
4日目。大雨、ではすまない雨が降りました。まさに滝。増水した川も渡りました。この7時間行程…よく耐えた、自分とメンバー。
 
どんな様子だったか気になるかもしれないですが、みんな目が死んでるー状態で歩いていて写真撮影どころではなく、4日目の豪雨の記録はありません。ざんねんでしたー。
この日は岩手山8合目付近の避難小屋に泊まったのですが、雨風は一向に弱まる気配もなく、最終日にそなえて早めの就寝。
 
最終日5日目、夜に雨は止んだものの霧で見通しが悪く、強風で霧が顔にびちびちあたっていたい思いをしながら、岩手山山頂をめざしました。
 
Dsc07518
 
とてものんびりできる状態ではなく、山頂に持っていったおかしとジュースにはまったく手をつけず、写真を撮ってササッと下山することにしました。
下山途中、霧はすっかり晴れて、風もなくなり、「なんでいまー」と思いました。
 
1237649_545262858861356_852959402_2
 
ですが、やっぱり「終わりよければすべてよし」
下りきってから全員が「来てよかった」と言える山行となりました。
ちなみに私個人としては、また同じ状況で同じコースを登れと言われたら、100%、いや、200%行きません。笑
あくまで、「よい思い出」です。
 
このあと小岩井牧場を散策&盛岡で冷麺を堪能。
秋田・岩手の酸いも甘いも味わった(酸い多め)充実した5日間でした。
 
 
 
 
 
いわてポーズ
Dsc07544
 
内容が岩手メインになってしまいました。秋田に思い入れのある方いたらすいません。
 
 
 
お し ま い

2013年9月28日 (土)

ワークキャンプ

九月に入り、朝夕はめっきり涼しくなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は最近は近所の銭湯に行って夏の終わりを惜しみながらも秋を実感しております。

今回のブログ更新は久しぶりに私、二年原田がつとめさせて頂きます。

さて今回私たちは水上にある山荘にワークキャンプに行ってきたわけですが、そもそもワークキャンプとは何ぞや、というお話。
まあ、簡単に噛み砕いて説明すれば、「山荘に集まって労働をする対価として酒を飲む会」といったところです。
今回は人手が少なくて結構労働が大変だったんですけどね。

労働内容は主に薪割りと草刈り。
山荘は男の夢であり永遠の憧れである薪ストーブを使っているので冬に備えて薪を割って燃料を蓄えておかねばなりません。

1380332240474.jpg

草刈りは草刈り機が何台かあるはずだったのですが、エンジンの故障で一台しか動かず、みんな屈んで鎌を振り回すことに。

1380332244961.jpg

その後汚れた身体を洗い流す為、水上の温泉へ。
シーズンだったのでかなり混んでいました。

夜の宴会はOB、OGの先輩方も参加して下さり、非常に楽しい夜となりました。
また、先輩方には帰りに車で駅まで送って頂いた他、カンパを出して頂きました。
この場を借りて御礼申し上げます。

1380332248038.jpg



2013年8月12日 (月)

☆8月個山uパーティ~新潟県最高峰子蓮華山&日本百名山白馬岳~☆

90周年記念行事の一環で、子蓮華とついでに白馬にのぼってきました。 楽しかったです。








































































いいかげんに しろうまー
0630_2

2013年7月18日 (木)

新人合宿2013

皆さまこんにちは、一年の柴崎です。
今回は僭越ながら私が新人合宿2013の記事を担当させていただきます。

私にとって初めての泊りがけの山行となった新人合宿、6月中旬の八ヶ岳に行ってまいりました。ハイキング部のメイン行事とだけあって参加者多数、今回は日程を前半後半PTでずらしての山行です。
記事は都合上私のいた後半PTをメインに書きたいと思います。前半のみなさんごめんなさい。

出発数日前まで台風直撃との予報がありハラハラしましたが、天気も持ち直して無事決行。
意外と忙しい学生スケジュールの中、私含むメンバーの一部は学業課題アルバイトに一抹の不安を抱えつつも渋谷をあとにしました。
ザックを背負って渋谷を闊歩し満員の山手線に身体を捻じ込んだ時点で、ど素人の私はもう既に目標を達成した気になりましたがそんなものは序の口でした。

出発日は茅野駅で駅寝。通路の奥にはどこぞやの大人数の学生登山部の姿が。みんな山好きなんですねえ。
Shinjin01

一日目、拠点となる赤岳鉱泉へ向けて出発。
一時は前方が見えないような濃霧でしたが、道程後半は晴れ間も見えました。赤岳鉱泉ではテントを張って前半後半PTが合流。みんなで夕飯を食べました。メニューはらーめん。
Shinjin02

二日目、いよいよ八ヶ岳最高峰赤岳に向けて出発!
ピストンなので軽いサブザックで行きましたが、重たいザックじゃなくて本っ当に良かったです先輩。高所恐怖症の私はちょっとした生命の危機にアドレナリン大放出でした。疲れも吹き飛ぶアドレナリン。にんげんすごい。
ところで稜線を渡るのってものすごく気分良いですね。そして山頂では生憎のガスり具合で景色こそ見えませんでしたが、それでも楽しかった。ここでひとつ、守るべき伝統(?)らしい上半身裸の記念撮影を一枚(↓写真下列左)。気温5℃です。にんげんすごい。
悪天候を覚悟での山行でしたが、幸運にも下り最中の晴れ間に阿弥陀岳が!(↓写真下列真ん中)
勝ち組の景色です(笑) 6月の運を使い果たす勢い。
Shinjin03

三日目、名残惜しくもテントを撤収し、硫黄岳に向けて出発。硫黄岳制覇後は稲子湯温泉目指して下山です。
運良く晴天に恵まれ、硫黄岳からの眺めを一望。パノラマ撮影してくれといわんばかりの雲海がきれいでした。
余談ですが硫黄岳の下りで久しぶりに無様に転びました。完全なる横倒れ。しかし幸い無傷。阿弥陀岳を見た後わずかに残った6月の運を使い果たしました。
Shinjin04

その後は、行きであれだけ辛かった上りが恋しくなるようなえぐい坂道を下りきり、稲子湯温泉へ。シャワーなし桶のみの懐古情緒溢れる温泉で疲れを癒しました。

以上で終了です。参加した皆さんお疲れさまでした。
途中が辛くても、終わると楽しく思えちゃうのが山登りの罠ですね。また行きたいです。
最後に、好きに書いていたらなんだか長くなりましたが、ここまでご覧いただきありがとうございました。

2013年7月 7日 (日)

東北定期戦

こんにちわ!初めてブログを更新する2年の松本です!

今回は6月の8、9で行われた東北学院さんとの定期戦についてです!
僕ら青山学院と東北学院さんは姉妹校であり、体育会はこの時期に定期戦という名の交流戦を行っています。

ってことで90周年の各都道府県最高峰巡りも兼ねて、行ってきました蔵王連峰!!
今回は先発メンバーとして青山学院からアレックス先輩、松竹先輩、聖史、松本と
東北学院さんから森あおい姉さん、松川さん、安達悟(さとるん)の計7名で行ってきました。

最高峰は屏風岳というところで、山頂にてぱしゃりcamera
P6086490
この後起こる悲劇を・・・今はまだ知らない。。。


ってことで一路東北学院さんの山荘を目指して出発・・・って残雪!?
しかも結構急!!アイゼンなんて持ってきてないからとっても滑る!
P6086497
画像の左側みたく滑り落ちるメンバーも続出!
あおい姉さんのライダーキックは未だに覚えていますw

まあ怪我もなく無事雪渓を超えた直後からなんと雨!
山の天気は変わりやすいとはこのことですね・・・


とまあこんな感じで1日目の行程を終え、山荘にて後発メンバーと合流。
山荘で頂いた夕飯はすごく美味しく、個人的にはつまみの笹かまにはまっていましたw
夜は外で星を見たり、カードゲームで盛り上がったりとそれぞれが楽しみ交流出来ていたと思います。


さて2日目!本日は後烏帽子岳へのピストンを行い、その後下山して解散という流れでした。
まずは後烏帽子岳へと向かいます。
当日は快晴!雪のないゲレンデを登るので傾斜が急であること、日差しを遮るものがないことなどで結構体力を消耗します。。。

それでも頑張って山頂へと到着!
P6096526



P6096525
第1PT、第2PTともに全員登頂出来ました!!雲もほとんどなかったので景色はすごく綺麗でした。

帰りは宮城蔵王ロイヤルホテルにて日帰りの入浴をし、仙台駅にて牛タンを食べるというなんとも贅沢な山行となりました。

牛タン旨かった(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

2013年6月21日 (金)

5月山行&90周年記念山行第3弾in埼玉

こんにちは!今回初めてブログを執筆します、2年の角田です。

今回私が書きますのは5/24~5/26に行われた5月山行兼90周年記念山行第3弾の報告です。

90周年記念山行とはなんぞやっ? という方は第2弾のほうに簡単な説明が載っているのでそちらを見てくださいね。

さて、5月山行ではタイトルにある通り埼玉県の最高峰である三宝山に行ってきたわけですが、こちらの三宝山、埼玉県の最奥地にありましてほぼ長野県、山梨県の県境なんですね。

そんなわけで登山口は長野県、下山口は山梨県という、えらく遠回りして行ってきましたよ。

埼玉県側からも登れるのですが、今回は新入生のデビュー山行でもあったので比較的楽なルートを選択しました。

5/24(金)の夜に東京を出発し、小淵沢駅で駅寝をしました。

電気はついていましたがなかなか快適な駅でした。

翌朝、小海線で信濃川上駅まで移動し、タクシーで登山口である毛来平まで行きます。

1日目は三宝山までは行かず甲武信小屋を目指します。良い感じの日光に照らされ登山開始。

最初のほうはまさにハイキングでしたね。

途中から残雪が見え隠れするようになりました。一部部員は喜んでいましたが、この先この雪によって苦しめられることになるなんて、まったく思っていなかったのでしょう。

標高が上がるにつれて雪がどんどん増えていく。しかも凍ってる...

Img_07521

私自身サブリーダーという役職ながら今回の山行で10回以上は滑りましたね。

なんやかんやで今回最初のピークである甲武信ヶ岳に到着しました。

Img_0714


さすがに百名山だけあって景色はよかったですね。

その後甲武信小屋に向かい一日目終了。

2日目は今回の目的地である三宝山へ向かいます。

Img_0750


拍子抜けするような山頂でしたが無事に記念撮影完了。

その後より景色が良いとされる三宝岩に移動しました。

身の危険を感じるような岩でしたが景色は抜群でした。

甲武信小屋に戻り、小屋のご主人の徳さんに見送られ下山開始。

雨にうたれ、ぬかるんだ地面で滑りまくるも無事下山できました。

下山後は登山客で満員のバスに1時間揺られて帰路につきました。

「今回の山行で我々は...何の成果も得られませんでしたぁぁ」

以上で報告終わります。

2013年5月26日 (日)

90周年記念山行第2弾in徳島&高知

こんにちはー

スリー..........ではなく3年松竹です

 

お初の方がほとんどだと思いますが

本名です「しょうちく」ではありませんのであしからず(笑)

 

てかフツーに普段使ってるHN使うとこだったわ

危ない危ない(´Д` )

 

 

今回僕が書くのはタイトル通り今月のGWに行った

「90周年記念山行第2弾in徳島&高知」について

 

まず、90周年記念行事とはなんぞや?

って人のために軽くご説明( ̄ー ̄)ニヤリ

 

我が青山学院大学ハイキング部は

こー見えて来年で創部90周年を迎える歴史のある部活なのです

..........そこっ!!「いがーい」とか言わない!!!(`Д´)

 

んで、来年90周年を迎えるので

記念に何か企画をしようということになり

決まったのが「都道府県最高峰全制覇」

 

その第2弾が今月のGWに行われた四国遠征

日程の関係上徳島&高知にしか行けなかった(´д⊂)

 

ちなみに第1弾は春休みに行った九州遠征なんだけど

このブログが動き出したのが最近だから

多分もう載りません(苦笑)

 

ではでは前フリが長かったですね

四国遠征の感想に移りたいと思います

 

 

まぁとりあえず最初に言うことは

四国って遠い(;;;´Д`)

 

ってことですかね

代々木から夜行バスで徳島に行ったんだけど

GWのせいか予定より3時間遅れで到着

 

んで そのあともバスを何本か乗り継いで登山口に到着

普段じゃ登らないような夕方からのスタート

1日目は時間との戦い

暗くなってしまうと山の上には街灯もないから

メチャメチャ危険だったよ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

Qp5035703_2Qp5035704

 

 

2日目は一日目で行けなかったルートがプラスされて

距離が20km弱になりました( ゚д゚)ポカーン

 

高知県最高峰の三嶺(みうね)をさっさと登ったあと

ダラダラダラダラと20m~30mのアップダウンを繰り返しながら

15km強 離れた徳島県最高峰の剣山へ

Qp5045741_4

 

特に景色も変わらずタダひたすらに上り下りを繰り返すもんだから

メンバー全体が疲弊してたね

去年登山皆勤賞だった2年くんも

さすがに少し音を上げておられました
Qp5045853

 

天気も晴→曇→雨→雪→あられ

と変わる変わる

しかも時々強風っていうね(´・_・`)

 

剣山もちゃっちゃと撮影を済ませ

少し降りたキャンプ場に避難

ここで2日目は終了

Qp5045883

 

 

3日目は驚くほどの快晴

前日の天気が夢だったのかって感じ いやマジで

Qp5055929

 

こんなに晴れているのに写真撮らないとかウソでしょ!?

ってことになり 再び剣山に登って撮影大会スタート

Qp5055952Qp5055953_3

Qp5055969_4P5055986

 

そのあと予定通り下山しようとしたらまさかの通行止め

道が崩れて通れないとかなんとか(ノ∀`) アチャー

 

しかたないので朝までいたキャンプ場に戻ってそこから下山

 

 

ここで今回の90周年記念山行は終了

しかし帰りのバスの都合で丸一日

ヒマになっちゃんったんだよね

 

なので最終日は鳴門海峡に観光

まぁ渦潮とかそうそう見れるもんじゃないね

少しガッカリ(´・ω・`)

Qp5066190Qp5066307_3

 
 
 
 

 

............ということで四国遠征の報告(?)は以上です

くどいし写真多いしスイマセンm(_ _)m

 

ではでは次回は誰が更新してくれるのでしょうか?

みなさんお楽しみに♪

«ワンデーハイク(二回目)